momoさん講座 苫小牧市 102年も続いているレトロな雰囲気で正統派の洋食屋さん「第一洋食店」

レストラン
DSC_8174

苫小牧市錦町にある「第一洋食店」は、なんと創業102年大正8年から続いているすご~いお店です。

店主の山下明さん(73才)は3代目になります。

現在の苫小牧駅前本通沿いの現在のお店は、2代目の故・正さんが1953年8月に移転オープンした築65年の建物になります。

歴史の重みを感じる老舗のレストランです。

店内はクラッシック音楽が流れ、レトロでお洒落な落ち着いた空間です。

こちらのお店には、なんと歌人の斎藤茂吉、画家の山下清、落語家の立川談志らも来店したそうです。

メニューは単品から色々ありましたが、サービスランチを選びました。

お昼のサービスランチです。

この中から、(C)の鮮魚貝フライの盛り合わせと(D)のハンバーグとミートコロッケの盛り合わせを注文しました。

(D)ポタージュスープ ハンバーグとミートコロッケの盛り合わせ ライス 季節のサラダ コーヒー 1430円

店主の奥様が、お一人で手際よく、セットしてくれます。

ポタージュスープが最初にきました。

なめらかで、とても繊細で優しい味です。

すごく美味しいです。スプーンが止まりません。

スープを飲み干すと、ライスとメインディッシュがきて、少し遅れてサラダがきました。

ミートコロッケは、イモを一切使わずに肉だけでつくる「クロケット」というものです。

クロケットはとても柔らかく、上品でクリームコロッケのような食感なのですが、肉の味を楽しめる、不思議な感覚です。

ハンバーグは肉の旨みと、肉の食感をしっかり味わえるハードタイプです。

この2つ料理が、牛肉と子牛肉を煮こんだドミグラスソースと合わさって、超おいしいのです。

サラダは久々にホワイトアスパラを堪能しました。

人参のグラッセが、またすごく美味しいです。

(C)ポタージュスープ 鮮魚貝フライの盛り合わせ パン 季節のサラダ コーヒー 1430円

鮮魚貝のフライの盛り合わせがきました。

盛り合わせは、海老フライ2つ白身魚のフライ2種ホタテのフライ2つです。

衣が薄めに、からっと揚がっていて、サクサクと歯触りがいいです。

タルタルソースと合わせて食べると、魚介の美味しさが引き立ちます。

食事の仕上げはコーヒーです。

お腹いっぱいで、コーヒーを飲みきるのに時間がかかりました。

この空間で、食事ができることに幸せを感じますし、とても満足した気持ちで、充実した時間を過ごせました。

そういう意味でも、コストパフォーマンスも最高です!

入り口に掲示していたメニューです。

お店の入り口です。

住所 電話番号

住所:北海道苫小牧市錦町1-6-21

電話:0144-34-7337

営業時間 定休日

営業時間:月~金 11:30~15:00 17:00~21:00

土日祝 12:00~15:00 17:00~21:00

定休日:不定休

席数 駐車場

席数:54席

駐車場:お店の両隣に有料の駐車場があります。お店に駐車券を提示すると、1時間分(200円)お金が払い戻しになります。

苫小牧民報 愛されて創業1世紀 錦町の第一洋食店100周年 2019.7.5

愛されて創業1世紀 錦町の第一洋食店100周年|ニュース|苫小牧民報電子版
 苫小牧市錦町の第一洋食店が8月10日、創業100周年を迎える。道内屈指の歴史を持つ洋食店で、看板メニューのビーフシチューやミートコロッケなどこだわりの料理に…

お店のInstagram

Error 404
Nothing found

お店の地図

コメント

タイトルとURLをコピーしました